2016年12月24日 晴れ





昨日はクリスマスイヴイヴで今日はクリスマスイヴで明日はクリスマス。そういえばクリスマスの思い出って今まで特にないと言えばなかったなあ。毎年家族とパーティー気分で美味いもの食ったりする位だったもんな。永遠の独り者なので・・・。まぁでも今年は家族とのパーティーぶっちしてのカフェアリエのクリスマスコンサートだったのでいつもとは違うクリスマスを過ごせたわけだし(イヴイヴだったけど)良い思い出として残るかもしれない。実際良いものだったし残るといいなあ。もちろん家族と過ごすもの良いものなんだけどね。というか今時間的には既に25日回ってるんですけどね・・・。


ということで昨日のライヴについて。ブラブラし過ぎたせいで座った瞬間眠くなる(自分が悪い)。両者共にエレキギターでの弾き語りで初手Taiko Super Kicks伊藤氏。ただでさえ眠いのにギターにサイケなエフェクト強めであの独特のタイム感とあの純朴そうな歌声でうたうもんだから余計眠くなってくる・・・。でもそのまどろみ感がいい感じに作用して気持ち良く聴けた感じ。バンドだと平熱でシティポップ的な感覚の強いまぁ今時のインディーバンドだよね位の印象だったけど、弾き語りだとちょっと変でサイケな四畳半的な、己の変な感覚をさも当然のようにうたう、まんまうたものって感じになって、まぁ大好物なやつですよね。バンドよりこっちの方が好きだな。ボッサから徐々に一人サイケロックバンドみたいになってくゆら帝「ラメのパンタロン」カバーも面白かった。で、次が土井さん。土井さんはねー、凄かった。いつも凄いってなるけど今回も凄かった。それなりの回数観に行ってるんだけど、それでもなお、なんて声で歌いやがるんだ・・・といつも驚かされてしまう。年末なので仕事が忙しい事もあってあまり練習に時間が割けなかったらしく、その影響でこの日はそこまで声が出ていない様に感じたんだけど、だからなのだろうか、その全てを慈しむかの様な小さな歌声によって優しくて暖かな小さな光の粒がひとつひとつ生み出されていくかのように感じられて・・・あまりにも綺麗で、少し眩しくて、またしても泣きそうになってしまった。なんだかクリスマスっぽかった。凄いよ・・・土井さんほんと凄い。大好きな曲も聴けたし、今回もとても素敵な時間を過ごさせてもらいました。良い夜でした・・・良いクリスマスイヴイヴでしたね。クリスマスプレゼントにもらった音源は明日にでも聴きます。



一枚目:Minotaur ShockMaritime
再生中:MUTE BEAT『DOCUMENT 1989』