読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年12月10日 晴れ





先日注文したレコードが届いた。VR旋風吹き荒れるこの時代においてまさか3Dメガネを手にするとは夢にも思わなかったのだが、写真の通りこのレコードには昔懐かしい3Dメガネが付属しており、それで同封のカードに記載されているDLコードを浮かび上がらせてサイトでそれ入力してデータをゲット、というぶっちゃけちょいめんどい子供心くすぐられる仕様となっており、これにも一応それなりの意味が込められているそうなのだけれどさてはてはたしてって感じで。ということで購入したレコードは辻隼人の『Nurse-Call Melody』というアルバムで、以前氏が組んでたシンセ+ベース+リズムボックスという編成の2人組ユニット・ふたりのベロニカ(現在解散済)の2013年にリリースしたアルバムのソロリメイク版で、ただのリメイクってわけでもなくわざわざヤフオクなどでかき集めたヴィンテージ機材メインに使ってるらしくて中々に興味深い。シンプルでクールでソリッド且つ謎が残る印象だったベロニカ版に比べてウォーミングでチャーミングでポップだったりするのかしら?その辺も聴きどころのひとつですよね(youtubeにあがってるけど1曲しか聴いてないので)。これ書き終えたら聴きます。





ちなみに氏は主に創作言語によるピアノ弾き語りで活動しており、それが本当に凄まじいのひと言に尽きるので是非とも聴いてみていただきたいです。言葉が通じなくとも伝わるものが確かにある。情熱的で美しい、音楽家という肩書きは彼には似合わない、彼こそが真の芸術家だと僕は思っている。







話は変わってそういえば今日は仕事の時もそうじゃない時も一日中ひじょ~にゆるくてなんだかこんな感じだったな~、とか思った。麻雀やったことないけど。それ以前に全然分かんないけど。





一枚目:相対性理論『天声ジングル』
再生中:Points Of Friction『Sackcloth And Ashes』