読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年11月12日 晴れ





今日はおっさん2人組で木更津駅から廃墟・中の島大橋・江川海岸などを徒歩で巡る日帰り旅行的なやつをキメてきたのですがもうひたすらに眠いので感想などは明日以降に回してとりあえず(Twitterにもあげたけど)今日一番良かったと思われる写真をうpして本日分の更新とさせていただきます。あらゆる手を使って意地でも今年中は毎日更新してやるぞ・・・。それにしても、嗚呼、なんて、尊い・・・。



一枚目:Carnation『Parakeet & Ghost』
再生中:なし





[以下2016年11月13日更新分]

ということで昨日はおっさん2人組で木更津駅から廃墟・中の島大橋・江川海岸などを徒歩で巡る日帰り旅行的なやつをキメてきました。写真まとめましたので(めちゃ多い)こちらと合わせてご覧いただければと思います(日記自体には貼らないスタイル)。


確か12時半頃に木更津駅到着。気持ちが良い程の快晴に期待高まる。とりあえず駅前のコンビニでパンと茶買って食いながら廃墟目指して駅前商店街を通り抜けようとするも全然人がいねぇ・・・。いくらシーズンオフだとはいえあの有名な木更津ですよ?それなりに観光客で賑わってるもんだと思ってたのに。でも夏でも冬でもあんま変わらなさそうな気もする。だって土曜の真っ昼間だというのに観光客どころか地元民っぽい人ほとんどいないんだもん・・・休憩中と思しきスーツ姿の集団くらいだよ見たの・・・。店なんてやってないとこの方が多かった気がするし建物には蔦絡まりまくりでああなんて寂れよう・・・。ちょっと意外というか衝撃的だった。そんなんでもなんだか生活感がすごくあって、街の人達みんなこの状態を良しとしているような、そんなスローでのどかな雰囲気が妙に居心地よくて、しかも青空がまたよく似合ってて、あ、ここ住みたいかも・・・ってとこまできてしまった。やはり海辺の街はどこもかしこもいい街なのか。にしても夏どうなってるのかやっぱ気になる・・・。


商店街からほどなくして最初の目的地である廃墟のホテルに到着。この廃墟がまた凄く気合いの入った廃墟っぷりで、併設されてる地下の居酒屋の内部が進入禁止の金網越しから覗けるんだけど、床が見えないくらいめっちゃ汚水が浸かってて当時使われてた椅子とかも見えたりして・・・。うわ~ちょっと入ってみたいような絶対近付きたくないような・・・。外装もいい感じの廃れようで見応えたっぷり、てか上の階の窓開いてるし・・・外に螺旋階段とかもあるし、なんか侵入しようとすればすぐできちゃうような。あ~この全てから見放され忘れ去られたような感じ最高!それにしてもこんなのがまだ住宅街のど真ん中に残ってるとかヤバい・・・なんか出そう。あと絡まりまくってる蔦がいい感じに紅葉しててきれいだった。まさかこんなところで秋を満喫してしまうとは・・・。


廃墟を後にした我々は漁港を経由して間近で見る漁船に興奮したり釣り人のおっさん達に和んだり(この辺りからようやく人間をちょこちょこ見かけるようになった)土産屋兼牡蛎小屋みたいなとこに売ってる塩辛とか干物とか海老とか牡蛎とか見ながらいいね~って言うだけ言って何も買ったり食ったりしなかったり(そういう目的ではない)しながら第二の目的地である中の島大橋へ。橋というか歩道橋。というか完全に観光地で、かの有名なドラマのロケ地だとか恋愛の聖地で云々~みたいなうんちく書かれてたけどうるせぇこちとらおっさん二人やぞ。橋の上から眺める景色はなんとまぁ絶景で、上空から見える海辺の街や水面に反射する陽の光、突き抜けるほど高く綺麗な青空に感動しっぱなし。やっば高いところすげぇ・・・けど真下を意識するとやっぱこえぇ(高所恐怖症)。橋の先には小さな島というか公園があって、そこもまたPVに使えそうな素敵な場所だった(ついついそういうこと考えてしまう)。あと橋の下が完全にホームレスの住居と化してて雰囲気ぶち壊しで逆に笑った。でも台風の時とかどうなるんだろうかここ・・・。そこは抜きにしてもこの橋はまた来たいなあ。やっぱりいつかは恋人と二人きりで行きたい・・・だって恋人の聖地だから・・・。


その後近くのローソンでアイス食って酒飲みながら1時間程ブラブラ歩いて本日の最終目的地にしてメインイベントの電柱で有名な江川海岸へ。江川海岸は最寄り駅とされてる巌根駅からもかなり遠いし面倒くさいしで、普通は車で行くところなんだけど歩くの大好き我々二人は当然のごとく徒歩(当然疲れる)。江川海岸は2回目で今年の3月にも行ったんだけど(もちろん巌根駅から徒歩)、その時は曇りがちで且つ砂浜歩けちゃう位潮の満ち具合も遅かったんでネットにあがってる写真のような風景が見れなかったんだけど(だからこそネットでは見られない見たことのないような風景が見れた)今回は既に海!?って感じの満潮で、一度来たはずなのだか記憶違いなのでは?って軽く錯角起こしてしまうほどの違い様にまず驚く。快晴のおかけで夕日もばっちり夕焼けもとても綺麗で、まさに写真で見たような幻想的な風景を遂に間近で拝む事ができていたく感動。夕日が沈んで辺りが暗くなってゆくのをリアルタイムで見て感じとることができたのが何よりも大きかった。馬鹿みたいにあんなに沈むんだ・・・時間って凄え・・・とか驚いてしまった(馬鹿)。あと駅に向かう帰り道も電灯ひとつもないのに満月の月明かりでこんなに明るくなるんだ・・・ってまたしても感動。感動してばっかだ。だってこんなの都心や地元なんかじゃ絶対味わえないもん。こんな体験もう二度とないのでは・・・。いや少なくともここに来ればまたできるかもしれないし二度目だからやっぱ薄いかな・・・とも思ってたけどやっぱり江川海岸優勝だったしまた来なくてはならない。やっぱりいつかは恋人と二人きりで行きたい・・・けれどそうなると彼女に長距離の徒歩を強要する事になってしまうのでう~ん悩みどころ・・・彼女と一緒にたくさん歩いたりしたいけど彼女を危険な目に遭わせたくないし・・・まぁそれ以前に当然の事ながら彼女ができたらの話なんですが・・・。というか今日行ったところはまた行きたいと思わせてくれるところばかりだったのでまた行きたいまた行く。交通費合わせても5000円程度で済みそうだし。今回も交通費以外だと菓子パンお茶アイス氷結コンポタ位しか使わなかったはずなので合計1000円もかかってないと思う。で合計何時間位歩いたんだっけ・・・よくよく考えてみればなんてハーコーな日帰り旅行だったんだ・・・。まぁいつもこんな感じだしめっちゃ楽しんでるからいいんだけど(当然めっちゃ疲れる)。まぁでもたまには食的な事なんかも楽しみたいかな。牡蠣なんて鍋に入ってるの以外で食べた事ないしあ~牡蠣食ってみてぇ・・・。以上旅の記録でした。