読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月1日

知人の粋な計らいによりThe Beach Boys『Pet Sounds』の24bitリマスター版を手に入れたので試しに手持ちのモノ版 / ステレオリマスター版と聴き比べてみた。流石にステレオと24bitの違いはそこまでないとはいえ(そりゃそうだ)やはり24bit版の方が音の広がりというかダイナミクスが増強されており聴きやすくなっているという印象。そしてこのアルバムはリマスターされて現代的な音質に近付けられていれば近付けられている程良くなっていってるっぽい、という事に気付いた。もちろんあくまでも俺視点での話ではあるが。なんか凄く楽しく聴けるようになってるんだよね。ぶっちゃけ言うほど好きでもなかったんだけど今めっちゃ好きになってる・・・(ちょろい)。大昔のアルバムってリマスターされるとその時代の音ならではの空気感って言えばいいのかな・・・そういうのが潰されてしまってるのが多くて、だから結構ダメだな~ってのが多い印象なんだけど。でもこういうのもあるのか。いつの時代の音にも対応できる音楽。現代にも通用する、というのはこういう事でもあるのかもしれない。まぁベルベッツの『WHITE LIGHT / WHITE HEAT』はモノ版でも充分現代に通用する程カッコいいがな!てかモノ版が最高!!!何度でも言うぞモノ版が最高!!!(老害)!!!にしても同じアルバムばっか聴いてるとやっぱ飽きる・・・とは実際いかなかったな何故か今も聴いてるし(クセになってきた)。てかそれ以上に眠い・・・3月はなるべく日付変更線前には寝るようにしようと意気込んでたのにいきなりこれだよ・・・(現在0時20分)。




BGM : The Beach Boys『Pet Sounds』